反響のあった記事




広告

お役立ち

2010年10月05日

sot (1)
Royal Albertのティーカップが3ポンド(≒400円)!
※日本に持って返る(送る)場合で一定額以上購入すれば、ここからVAT(税金)が引かれるのでさらに安くなります。

map
さて本日は陶磁器好きにはお得な情報をお届けしたいと思います。
皆さんはイギリスのマンチェスターとバーミンガムの中程に位置するストーク・オン・トレントという街をご存知ですか?
私は、知りませんでした!
事の始まりはイギリス在住時代…

私「Buchanan St.(※1)にあるデパートでウェッジウッドのお皿がセールになっててすごい安かったの! 買うか迷うー><
フラットメイト「ウェッジウッド好きなの?
私「うん。
フラットメイト「それならもっと安く手に入る場所があるよ。前に買いに行ったんだけど、安いのだと1つ10pとか。

!!!

そういうわけで私はこの街の存在を知り、後に訪問するにいたったのでした。
(※1)Buchanan St.とはブキャナンストリートという、グラスゴーひいてはスコットランド最大のショッピング通りの名称である。ロンドンに次ぐ規模だといわれている。スコットランドでは。

ストーク・オン・トレント公式サイト
http://www.visitstoke.co.uk/

【行き方】
sot (2)
私はグラスゴーから行ったのでマンチェスター経由でCrossCountryというローカル線を使って行きましたが、ロンドン(London Euston)からだと直通便があるようです。所要時間はロンドンからの直通便で1時間半ほど。グラスゴーからだと結構遠いです。

チケットはADVANCE SINGLE(前もって買っておくチケット)を購入すれば、かなり安く行けると思います。
チケットの購入はこちらの公式サイトでできます。
http://www.nationalrail.co.uk/

STOKE-ON-TRENTにあるメーカの直営店はそれぞれがわりと離れた場所にあるので、行きたいメーカがたくさんある場合はレンタカーで移動することをお勧めします。
タクシーでも可能ですが、何せお店は人里離れたところにありますので、電話しないとタクシーは捕まらないと思います…。
お目当てのメーカがひとつ(一か所)の場合はバスでも行けます。
ロンドンからの場合は時間に余裕があるので、バスでも数か所まわれるかも知れません。

※このエントリは2010年2月に現地を訪れた時の状況をもとに記しており、現在の状況を示すものではありません。
…そんなに変わってはいないと思いますが…。

続きを読む

m_kazusa at 11:45|PermalinkComments(23)TrackBack(0)

2010年08月05日

ベルン
ベルンの街並みを大聖堂から眺める。
(スイス)

一人旅のススメ、第三回は、立てている時から旅行気分“スケジューリング”についてお話したいと思います。
とはいえ、これはもう個人個人やり方があると思いますので、参考にというわけではなく、単純に興味で読んでいただければと思います。

また、旅は計画なんかない方がいいんじゃい! という方もいると思います。
もちろん私もそういう旅をすることもあります。しかし今回はひとまず“計画的な旅”をテーマにお送りしたいと思いますので、よろしくお願いします。

とはいえ私も特にこれといって特別なことはしていないので、とにかく“いつもどうやって旅行の予定を立てているのか”という、どうでもいい部分に触れていきたいと思っています。
あくまでスケジューリングの一例として読んでいただければ幸いです。

それではさっそく実例として、実際に使用した予定表を公開します。
本当に使用したものなので、文章もかなりラフだったりします。正直ちょっと恥ずかしい(/ω\)

ダウンロードはこちらから→file_plan.zip(展開後:plan.xlsx)
※圧縮無しだとDL時にZIP扱いされファイルがきちんと展開されないため、あらかじめZIPで圧縮しています(ファイルはひとつしか入っていません)。DL後に展開してください。
※ウイルススキャン済みですが、ご心配な方はDL後、展開前に各自でスキャンして確認してください。
※ブログには画像ファイルしかアップロードできなかったため、このファイルはカフェオレ・ライター(兄のサイト)さんに置かせてもらってます。ありがとう(´;ω;`)
ファイルの形式はEXCEL(.xlsx)です。ファイルには、

・スイス(一人旅)→この旅で使用
・ギリシャ(二人旅)→この旅で使用
・TEMPLATE

という3つのシートが入っています。
スイスおよびギリシャはこのブログでも書いた旅行で使用したもので、TEMPALTEは普段書いている予定表のテンプレートです。
ないとは思いますが、もし必要であれば使ってください(*´ω`*)

私のスケジューリング法について気になる方は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

m_kazusa at 15:58|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2010年06月15日

今回は海外のホテル予約を確実に格安で行う方法の一例を紹介したいと思います。
あくまで私が良いと思ってやっていた方法であり、これが必ずしも最善というわけではありません。
一つの方法として適当に見ていただければと思います。

それではまずこの方法で、どんなホテルをどんな価格で予約できたかを紹介します。

Hyde Park Premier London Paddington(London,UK)
GBP 22≒ 3,080円(Dublin, Ireland)
※ダブルルームの価格です。二人で利用すれば、一人たったの1,500円!
London1

london2

続きを読む

m_kazusa at 15:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年05月25日

ヒトリ旅いこう。
top
べ・・別に友達がいないわけじゃないんだからねっ!

top2
イギリスの電車内にある売店

海外旅行では電車に乗ること自体がひとつの楽しみだと思います。
このエントリでは旅行会社のWebに掲載されているような事務的な内容ではなく、実際に体験して学んだ内容を記述したいと思います。
これから海外旅行を計画されている方のお役にたてれば何よりです(*´ω`*)

※2010年2月末までに利用したことのあるところの情報のみ掲載しています。比較的最近利用したものが多いので、何かご質問あればわりと答えられるかと思います。

続きを読む

m_kazusa at 19:08|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2010年03月03日

先日、一年間のスコットランド生活を終え、無事帰国いたしました。
日本に帰ってまずしたこと。それは日本食を食べること!
塩辛、明太子、漬物、しめサバ、子持ちししゃも、いくら、白子、寿司、しゃぶしゃぶ、焼き肉、たこ焼き、天ぷら、讃岐うどん・・他(気づいたら作っていた「食べたいものリスト.txt」ファイルより抜粋)
スコットランドのご飯が特別まずいということではないのですが、圧倒的に塩気が足りないんです…。
日本食が何気にものすごい塩分だということは身をもって理解できました。
1
食べ物の話はさておき、英国の正式名称が「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」という長い名前だというのは知られていると思うのですが、とはいえ連合王国といわれてもピンとこない人が多いのではないかと思います。
4つの国の連合王国? いやでも要するに英国なんでしょ? そう思っていた時期が私もありました…。
イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド、この4つの国は、実際には全く違うといっても過言ではないほど、それぞれが個性を持った国なのです。
中でもスコットランドの個性はぴか一!
スコットランドの魅力はたくさんありますが、中でも特に私がスコットランドを愛してやまない理由を3つあげようと思います。

1.個性的な街がたくさん
2.英語だけど英語じゃない? スコティッシュイングリッシュ
3.伝統衣装キルトとバグパイプのコラボは最強
続きを読む

m_kazusa at 14:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月25日

前回のエントリではセレブっぽいことを書きましたが…すみません見栄をはりました。
偽セレブです(´・ω・`)
セレブじゃないのにあちこち旅できたのは理由があります。
それは、いつもの旅行が 超 貧 乏 旅 行 だからです!

たぶん皆さんが考えているよりもはるかにお金かかっていません。
ホッチョコブログを見てくださっているセレブな皆さんにはあまり馴染みがないかもしれませんので、ここで本当の貧乏旅行がどんなものか紹介したいと思います。
1
※ビデオカメラで撮影したヨーロッパ旅行中のある日の夕飯。
私の中での貧乏旅行(ヨーロッパ)の定義は、

1.格安飛行機(easyJet、Ryanair等)を利用
2.食事はすべて自炊
3.ホステルのドミトリーに宿泊

です。

続きを読む

m_kazusa at 13:37|PermalinkComments(17)TrackBack(0)
広告