反響のあった記事




広告

2011年08月08日

NL (1)

食事のあとはまずRobert Owen's Schoolへ。

NL (2)

ここは当時の学校を再現したものなんですが(建物はそのまま)

むしろ見どころはその隣のSaving New Lanark Gallery。
大きなスクリーンにかつての姿の町を写した写真と、
現在の町の写真がフェードされていきます。
そのバックにはなんとも素敵な音楽。


(´;ω;`)ウッ…


昔の写真見てたらちょっと泣きそうになった。
オーウェンの抱いてた理想を、ちょっとだけわかった気になった。
ちなみに昔の写真と比べてわかったんですが、本当にそのまま残ってるんですよね。
すごく丁寧に修復されたんだろうなあと思います。



NL (3)

そのあと工場労働者の家(Millworker's House)と
ロバート・オーウェンの家(Robert Owen's House)へ。

NL (4)

昔の生活の様子を人形で再現しています。


NL (5)

こんなところまでw


NL (6)

でもこういう雰囲気が好き。


NL (7)

次はビレッジストア(Village Store)へ。


NL (8)

ここは再現と共に、実際に買い物をすることもできます。


NL (9)

しかしこの雰囲気…完全にRPGである。


NL (10)

で、そのあと最後の見どころクライド滝へ。


NL (11)

滝への道の途中にある建物で子供たちが何やら楽しそうにしていたので、ちょっと寄り道。


NL (12)

滝へは、町からClyde Walkwayという散歩道をを通っていきます。

NL (13)

滝だけじゃなく、絶景をおがめる散歩道です。


NL (14)

イギリスの田舎町の雰囲気。


NL (15)

川の横の歩道。すごく気持ちいい。

NL (16)

が…これ、散歩ってレベルじゃねえぞ(;^ω^)
実際は山道を登って下って登って下って、もはや登山ですので歩きやすい靴で行きましょう。


NL (17)

そうこうしているうちに滝に到着。


NL (18)

うほおおおおおおおお


NL (19)

途中、野鳥の観察ポイントもありました。


NL (20)

しかし私はひたすら登る。一人で。


NL (21)

行きは写真を撮りまくっていたせいもあって片道1時間弱かかりました。
帰りは写真はもうほとんど撮り終えてたので30分強くらいでした。


NL (22)

と、終わりですよ的看板にぶち当たったので、ここで終了。


そんなわけで、ニューラナークいかがでしたか?
個人的にはすごく行って欲しい町の一つです。
スコットランドに遊びに来られる際は、ぜひ寄ってみてください!


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!



m_kazusa at 18:21│Comments(0)TrackBack(0)イギリス | 

トラックバックURL

広告

コメントする

名前
 
  絵文字