反響のあった記事




広告

2010年02月27日

1
1917 BRISTOL F.2B
いやー戦闘機って本当に素晴らしいですね。
…でも待って…。
私、まだ飛べる戦闘機を見てない!
それなら、とお勧めしてもらったのがこちら「SHUTTLEWORTH COLLECTION(シャトルワースコレクション)」。さっそく行ってきたのでレポしたいと思います。


2
シャトルワースコレクションの最寄り駅はロンドン近郊のBiggleswade駅です。最寄駅と言っても、徒歩だと40分くらいかかるのではないかと思います。歩けなくはないと思いますが、広い車道が続くのでタクシーの方が安全かなと思います。
タクシーなら片道7~8ポンド程度だったと思います。私はタクシーを利用しました。バスなどの公共交通機関は出ていません(問い合わせ済)。

3
タクシーがいない
ただ駅前にタクシーは一台もいませんでした。代わりにタクシーの待合所にタクシー会社の電話番号が書かれた張り紙があったので、電話して呼ぶことができました。
電話とか無理ぽ(´・ω・`)という方。とりあえずトライです。UKでタクシーを呼ぶ時は要するに、

1.自分の名前(I'M KAZUSA.)
2.自分がいる場所(NOW, IN FRONT OF BIGGLESWADE STATION)
3.自分が行きたい場所(TO SHUTTLEWORTH COLLECTION)

この3つが伝わればいいので、向こうが何言ってるかわからなくても、とにかくこの3つを伝えればなんとかなると思います。適当適当。
ちゃんと伝われば駅前にタクシーがやってくるので、伝えた名前をいえば万事OK。
帰りもタクシーは電話で呼ぶ必要があるので、名刺をもらうなり、電話番号をメモるなりしておくと安心です。私が利用したタクシーの運転手さんは、帰りもタクシー必要でしょ~と何も言わなくても名刺を渡してくれました。
私は電話しましたが、帰りは博物館の方に呼んでもらうこともできそうですね。

海外で使える携帯持ってねえよ! という方。恐らくタクシー乗り場には公衆電話があったと思います…恐らく…。ただ旅行のためだけなら、海外でも使える日本の携帯を持っていくのが楽かなと思います。

そんなわけで9時20分ごろシャトルワースコレクションに無事到着。

…あれ?
4
オープン10時とか…(;´∀`)
早wすwぎwたwww

5
入りたい…入らせて…あそこに宝が見える…。
気づいたらこんなことになっていたらしい…友人に恥ずかしいからやめて><って言われました。
ホームページには9時半オープンって書いてたのに! と涙目になっていたら、9時半ごろにスタッフのおじいちゃんが一人到着。

おじいちゃん「ちょっと待ってねー今開けるからねー( ^ω^ )ニコニコ

ちょwあの状態見られたwww恥ずかしすぎるwwwww
ちなみに再度確認しましたが、やはりホームページにはSHUTTLEWORTH COLLECTIONとSWISS GARDENは9時半から16時(夏は17時まで)と書いていましたし、すぐ開けてくれたところを見ると9時半オープンで間違いないと思います。
しかし今後変更する可能性もありますので、行かれる際は前もって確認をお願いいたします。でないと、あんな状況になります…。

そして入館。チケットを購入し、いざ。
シャトルワースコレクションにはたくさんのハンガー(Hangar←格納庫のことです)があり、そこにたくさんの戦闘機(戦闘機以外もあります)が収められています。
ハンガーがいくつあったかは忘れてしまったのですが、たしか8つくらいだったと思います。結構あります。特に複葉機のコレクションは相当なものです。

7
ハンガーに入った瞬間感じたのは、

油のにおい。

ああ…生きてる戦闘機の匂いだ…(´;ω;`)
これまでにもいろんな博物館に行って、いろんな戦闘機を見てきたけど、いわばそれらはただの剥製。もちろん剥製だとしても感動しましたし、その存在感に鳥肌が立ちました。
けれどここにいるのは剥製ではなく、生きた戦闘機たち。今でもファイターをのせて空を飛ぶことができるんです。

8
1916 SOPWITH PUP
近くに行ってみると、なんとなく息吹のようなものを感じた…気がしました。時期が時期なら飛んでいる姿を見ることができるんですが、今回は冬の訪問だったので見えませんでした(´・ω・`)

9
1931 AVRO TUTOR
次回行くことがあれば、彼らが元気に空を飛びまわっている姿を見たいです。

10
1941 SUPERMARINE SPITFIRE Mk Vc
裸のスピットファイア!!!! 元気がなくて飛べない子は飛べるように修復してもらえるのです。

11
HAWKER DEMON 1937
この子もなおしてもらってるみたいですね。

12
1941 HAWKER SEA HURRICANE 1b
ハリケーン!!!! ハリケーンとスピットファイアにはテンション上らざるを得ない。飛べるハリケーンだと思うと余計にくるものがあります。

13
1937 MILES M14A MAGISTER
おもちゃみたいに可愛らしいカラーリング。

14
1935 Bucker Jungmann
ドイツ機もあります。ハンガーではスタッフのお兄さんが、大切そうに戦闘機の手入れをしていました。

15
1950 HUNTING(PERCIVAL) PROVOST T Mk I
背中をとったぞ! …とか言ってみたい。

16
1910 AVRO TRIPLANE
こんな変わり種もたくさんありました。

17
BLACKBURN B2 1936
みんな個性があって興味深いです。

18
Bucker Bu 181 Bestmann G-GLSU
いつかここに座ってみたい…いつかきっと…。

ハンガーで戦闘機の手入れをしていた彼は、今日もあの匂いの中で働いているんだろうなあ…なんて思うと、ちょっと羨ましいです。
あの生きた戦闘機たちの匂いを、多くの人が感じてくれたらいいなと思いました。

※機体名はシャトルワースコレクションに準拠。

【アクセス】
ロンドンのKings Cross駅からBiggleswade駅まで電車で40~50分程度。電車は1時間に2本ほどあります。

余談ですが…
Biggleswade駅へ行くのにロンドンのKings Cross駅を使うわけですが、ここは実はハリーポッターのプラットフォーム9と3/4がある駅です。
興味のある方はBiggleswadeへ行く前にちらっと見てみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

19
ちなみにプラットフォーム9と3/4はかなり奥まったところにあるので、少し見つけにくいかもしれません。
説明しづらいのですが、

――――→
プラットフォームを改札側から入って、とにかく歩いて行きます。
_
||
――――→
すると左側に空間がある場所があります。
_
|←
――――→
この壁がそうです。

歩く方向と逆向きに壁があるためスルーしてしまうことがあるので気をつけてくださいね。私は2回スルーしました\(^o^)/
ちなみに人だかりができていて、すごく見つけやすい時もありますw

m_kazusa at 14:20│Comments(0)TrackBack(0)イギリス | 戦闘機

トラックバックURL

広告

コメントする

名前
 
  絵文字