反響のあった記事




広告

2010年02月17日

※正しくはRoyal Air Force Museum LONDON(英国空軍博物館ロンドン)です。
1

★MAIN HALL
ここは内部が
・MILESTONES OF FLIGHT(色々な戦闘機が展示されたエリア)
・BOMBER HALL(爆撃機のエリア)
・HISTORIC HANGARS(色々な戦闘機が展示されたエリア)
・AERONAUTS INTERACTIVE CENTRE(子供向け?の遊戯エリア)
と四つのエリアに分かれています。


2

これはMILESTONES OF FLIGHTエリア。
とはいえエリアのことはあまり気にせず、好きなように見ていけばいいと思います(ほぼ一本道ですが)。
MAIN HALLにあった機体を少しだけ紹介します。

3

Eurofighter Typhoon
ユーロファイターって名前がいいよね。

二階の人たちがのぞきこんでいるのは、ちょっとした機器で、各戦闘機についての詳しい説明や動画を見ることができます。お勧めは実際に飛んでいる姿が見える動画。白黒の映像のバックに流れる、レシプロ機のブーンという音がたまりません(*´∀`*)

4

North American P-51 Mustang
台座ごと回転しているマスタングさん。正直浮いてるよね。
…そしておまちかね、我らが五式戦闘機!

5

Kawasaki Ki 100(五式戦闘機)

6

世界で唯一の現存機ですぞ!

7

ヽ(`Д´)ノ フムナ!

8

Sopwith Camel他
やっぱり天井からの、この展示の仕方がいいですよねえ。

9

BAe Harrier
現役の機体の中では一番好きです。

10

Avro LANCASTER
でかい…。

11

Avro VULCAN
のお腹の中。本体は大きすぎてカメラに収まりませんでした(´・ω・`)

12

British Aircraft Corporation Lightning F6
ライトニングと聞くと某ゲームを思い出してしまう。

13

McDonnell Douglas Phantom FGR2
なぜかこの子の周りにだけDANGER・DANGER書かれてました。なぜ…。

14

Curtiss Kittyhawk III
顔が可愛い(*´∀`)

15

コックピットの中も見えたりします。

余談ですが、フライトシミュレーション(有料)はMILESTONES OF FLIGHT(最初の部屋)にあるタイフーンのものではなく、HISTORIC HANGARS(三番目に入る広い部屋)にあるキャメルとフォッカーのドッグファイトの方がおすすめです。

タイフーンは微妙でしたが、キャメルの方はかなりおもしろかったです。まあ単純に複葉機の方が揺れますからねw

16

★BATTLE OF BRITAIN HALL
BATTLE OF BRITAIN HALLにあった機体を少しだけ紹介します。
バトルオブブリテンといえば(個人的には)やっぱりこの3機!

17

Messershumitt Bf 109E

18

Hawker Hurricane MkI

19

Supermarine Spitfire Mk I

【アクセス】
ロンドン地下鉄のColindale駅(ゾーン4)から徒歩5分程度。
とりあえず駅を出たら左へ。それからまっすぐ歩けば、右側に見えてくると思います。途中に標識が出ていますので、迷うことはないと思います。

地下鉄に乗る場合はOyster Card(オイスターカード)の利用をお勧めします。毎回買うよりも断然安いですし、SUICAと違って、たくさん地下鉄を利用した場合でも、一日券以上引き落とされることもありません。
最初にデポジットとして3ポンド必要ですが、カード返却時に返してもらえます。

オイスターカードは購入返却もとても簡単です。とにかく窓口で「Oyster card please.」と言えばもらえますし、返す時は適当に「Thank you.」とか「Finish.」とか言ってオイスターカードを渡せば、デポジットと残りのチャージ分を合わせて返却してもらえます。

m_kazusa at 12:02│Comments(0)TrackBack(0)イギリス | 戦闘機

トラックバックURL

広告

コメントする

名前
 
  絵文字