反響のあった記事




広告

2011年02月15日

ポーランド二日目。
本日はこちら。

po (1)
アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所へ向かいます。

ポーランド語ではオシフィエンチムという地名。
map
本当は個人で行こうかと思っていたんですが、ホステルのスタッフさんとお話していたら、あそこは絶対ツアーで行った方がいいと言われたので急遽現地ツアーに参加することにしました。
ツアーは色々あるようですが、そのうちのいくつかがホステルからも申込可能だったので、昨日のうちに予約しておいたのでした。
偉い私たち!
深夜にボロ雑巾みたいな状態で着いたのに!

ちなみに件の見つけづらかったホステル(2ndの方)の入り口はこんな感じ。
po (2)
ね? ただのマンションでしょ?
中も普通にマンションです(鍵をつかって開ける)。

朝ご飯は2ndでは食べられないそうなので、より駅に近い方にあるホステルの本体へ移動。



po (3)
朝ご飯はとても豪華でした。ネットでの評判通り。
お腹を満たしたところでツアー出発地点へ。
しかし今日も寒いなあ…。

po (4)
バスの中ではアウシュビッツに関するビデオが流れていますので、アウシュビッツをよく知らない人も現地に着くまでに勉強することができます。
※アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所についての詳細は、このブログでは割愛します。

po (5)
バスに揺られること約一時間半。アウシュビッツに到着ー!
ここはネガティブな方の世界遺産に登録されています。

ここからは数グループにわかれて、専門のガイドさんと一緒に中を見ていきます。
私の申し込んだツアーは日本語はありませんでしたが、ポーランド人ガイドさんの英語はとても聞き取りやすかったです。
恐らくそういう話し方をしてくれているのかと。

po (6)
そしてやはり入り口はこちら。

働けば自由になる(Arbeit macht frei)の門。
・・・
まあ偽物なんですけどね!
・・・(´・ω・`)・・・
結構大きなニュースになったので覚えている方もいるかもしれませんが、実は私が行ったちょうどこの時、この文字が盗難にあっていました…orz
正確にいうとすでに見つけ出されていたんですが、真っ二つに割られていたせいで修復中となり、結局この時はまだレプリカが飾られていました。
ある意味レアですが、やはり残念。

po (7)
中にはバラックがたくさん。
やっぱりチェコで見たものに似ているなあと思いました。
それにしても寒い…。

po (8)
バラックは入れるものと入れないものがありますが、中は基本的に撮影不可でした。
いくつかのバラックに関してはガイドさんが詳しく説明してくれ、かなり勉強になります。
が。
説明を聞くのはバラックの外なため(ガイドさんによるのかも)どんどん体温が奪われていきます。
思考力、急降下。

そんな中、ガイドさんがしきりに「君たちは今来て正解だよ。夏よりも悲惨さがわかるでしょ」と。
まあ確かに私たちはダウンコートとか来ているけども、実際はそれもなかったわけですからね…。
しかしこの寒さの中そう何度も言われるとさすがに、もういいから早く中に入らせてくれ、となってくるのですよ…。

po (9)
奥に見えるのは死の壁という名前で有名な場所です。
時間がおしていたのか、ここについてはガイドさんからの説明はありませんでした。ここは聞きたかったのに…。

po (10)
バラック間の行き来も防いでいたのでしょうか。とても高い有刺鉄線がありました。
…あー寒い! 足の感覚がなくなってきた…。

po (11)
一人だったら絶対に入れないと思われる場所。今回はみんなで一緒なので安心です。
が。
寒い!!

po (12)
いやあそれにしてもね。さっきから言ってるから気づいていると思うけど、
とにかくもうめちゃくちゃ寒いんですよ!!!!!
翌日のワルシャワの気温を考えると、恐らくこの日の気温は-15度はゆうに下回ってたと思います。


体温がほとんど奪われた状態でビルケナウへ移動。
移動中のバスの温かさだけが私の心に沁みわたる…。

po (13)アウシュビッツよりもたくさんのバラックがあり、その一部を見学可能です。
こちらは自由見学だったと記憶しています。
…が…もう限界………寒い…(´;ω;`)

po (14)
展望台(元監視塔?)みたいなところへも登ることもできます。

po (15)
展望台(元監視塔?)からの撮影。
真っ白!!!

ビルケナウを見学後、クラクフの街へ無事帰還。
とにかく温まりたくてレストランへ直行。

po (16)
これはポーランドの伝統料理「ピエロギ」。
中に詰め物がされていて水餃子のような感じでした。
ザワークラウト(キャベツの漬物)も美味しい。
まあ何より美味しかったのはこれと一緒にいただいた温かい紅茶なんですけどね!

総括すると、やはり色々と考えさせられる場所であり、やはり一度は訪れておくべき場所だと思いました。
が。
何度も繰り返しますが、冬のここはお勧めしません。
最終的には思考が「寒い」に占拠されましたから…。
ガイドさんがなんと言おうと、じっくり見たいなら夏に行った方が良いと思います。

というところで次回へ。まだまだ波乱は続きます。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!



m_kazusa at 19:47│Comments(0)TrackBack(0)ポーランド | 旅行

トラックバックURL

広告

コメントする

名前
 
  絵文字